相模大野の、小さな美容室。
20130704

大人気シリーズの最新刊です。

前作より、随分と間が空いていたので、楽しみに待っていた方も多いのではないでしょうか(笑)。

帯には、

「ながらくお待たせいたしました。つる家は、本日より再開です。  つる家 店主」

とありました(笑)。






吉原の大火、「つる家」の助っ人料理人・又次の死。

辛く悲しかった時は過ぎ、澪 と「つる家」の面々は新たな日々を迎えていた。

そんなある日、吉原の大火の折、又次に命を助けられた摂津屋が「つる家」を訪れた。

あさひ太夫と澪の関係、そして又次が今際の際に遺した言葉の真意を知りたいという。

澪の幼馴染み、あさひ太夫こと野江のその後とはー(第一話「残月」)。

その他、若旦那・佐兵衛との再会は叶うのか?

料理屋「登龍楼」に呼び出された澪の新たなる試練とは…。

雲外蒼天を胸に、料理に生きる澪と「つる家」の新たなる決意。

希望溢れるシリーズ第八弾。




壮大なスケールのお話ですが、描き辛くなってきているんでしょうか…。

以前より、ドラマティックさがなくなってしまったように感じました。

が、相変わらず、美味しそうなお料理の数々。


個人的には、「特別収録 秋麗の客」が、面白かったです(笑)。


                           オオツカ



「残月 〜みをつくし料理帖〜 田 郁 」。 | 23:30 | comments(0) | Book。
20200708
スポンサーサイト | | - | -




skin / uterus