相模大野の、小さな美容室。
20110727

延び延びになっていた「About hair」。

今月は、「白髪」についてです。


毛髪の色には、黒、茶、赤、ブロンド、白など、様々な色がありますが、肌の色同様、メラニン色素によって決まります。

そのメラニン色素には、黒、赤または黄の大きさの違う2種類の色素があり、これらの割合で毛髪の色が決まります。

と、いう事は…、

このメラニン色素が髪の細胞に転送されない毛髪が「白髪」であり、毛母細胞で作られた毛髪は、もともと「白い」といえます。

なぜ、「転送されない」という現象が起こるかは、まだ、わかっていません。


有力要因は、「5つ」あります。

1. 加齢による、老化現象。
2. 持って産まれた、遺伝体質。
3. 様々な病気、それを治す為の薬による現象。
4. ストレス。
5. 紫外線や、食生活、頭皮のケアなど、自分を取り巻く生活環境。


「加齢」による白髪は、側頭部から始まり、頭頂部、後頭部に移動していくのが一般的といわれます。

白髪の発生は、男性で34歳、女性で35歳が平均で、頭半分が白くなるのは、男性が55歳、女性で54歳といわれています。

勿論、遺伝的な影響で、速まったり、遅くなったりと、個人差はあります。


また、「一夜にして、全頭真っ白になった」なんて話 (マリー・アントワネットのお話や、あしたのジョーのホセメンドーサの試合後、など) がありますが、

短期間・短時間での白髪化は、科学的には考えにくく、恐怖やショックが原因で、これから生えてくる毛髪が「白髪化する」という事は考えられます。


よって、予防方法としては、栄養補給(ビタミンAや、鉄分が良いとも…)に気を付け、精神安定を保ち、血流をよくする為に頭皮をマッサージをする事が、ある程度、抑制出来ると言えますが、確実なものではありません。

結局、隠したい場合は、白髪染めをするしかないのが現状です。


                         COPIRIS。



「白髪」。 | 18:25 | comments(0) | About hair。
20191113
スポンサーサイト | | - | -




skin / uterus