相模大野の、小さな美容室。
20160503

スヌーピーミュージアムを出て向かったのは「上野」です。

現在「東京都美術館」で開催中の「若冲展」が目的です。



伊藤若冲(1716-1800) の生誕300年を記念して、初期から晩年までの代表作を紹介します。

若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動物綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館) が東京で一堂に会すのは初めてです。

近年、多くの人々に愛され、日本美術の中でもきら星のごとき輝きを増す若冲の生涯と画業に迫ります。



本当に、物凄い人気なんです。

中に入るのにも、数時間待ち。

中に入っても、人が多すぎて絵が見れない…という噂なんです(汗)。

しかも開催期間が短くて、中々予定が組めないでいた チームCOPIRIS なんでした(笑)。

夕方になると、幾分人も少なくなるというお話だったので、閉館1時間前を狙ってみたんです。

確かに、待ち時間なしで中に入れました。

が、館内は、やはり沢山の人(僕らもその1人なんですが…)でした。

人気の絵の前には、沢山の人…。

僕は背が高いので、それでも見ることが出来ますが、マエテは…。

それでも、なんとか…、じっくりとはいかないまでも、納得のいく鑑賞となりました(笑)。

これだけの「若冲」を見たのは初めてだったんです。

在り来たりの言葉ですが、見れて良かった!!


その後、ミュージアムショップを覗くと、ここでも行列(笑)。

グッズは売り切れも多く、クリアファイルを手にしている人が多かったです。

図録の販売に至っては、階層を変え、急遽売店を増やしても、行列は長くなるばかり…でした(笑)。


夕方、やはりおすすめです。

オペラグラスもあると良いと思います。

ガラスケースから、1.5mほども奥行きがある展示なので、細部まで見たい場合は必須かもしれません(笑)。


                          オオツカ。


 
「若冲展」。 | 19:47 | comments(0) | Art。
20191113
スポンサーサイト | | - | -




skin / uterus