相模大野の、小さな美容室。
20190331

 

後編の今回は、お食事編!

 

 

ランチは食べ友と合流し、以前から予定していたお店へ向かいました。

 

こちらです。

 

iPhoneImage.png

(羊香味坊)さん。

 

テレ東の人気ドラマ「孤独のグルメ」で紹介されていたお店です。

 

 

1品目。

 

iPhoneImage.png

(ラム肉と長葱塩炒め)。

 

とっても柔らか!!

 

シャキシャキの長葱との相性も抜群。

 

 

2品目。

 

iPhoneImage.png

(よだれラム)。

 

ネーミングがすごい(笑)。

 

ラー油だれが癖になります。

 

中には千切りキャベツ。

 

この組み合わせは素晴らしいです。

 

 

3品目。

 

iPhoneImage.png

(ラム串5本セット)。

 

左から、ラムネック(山椒醤油)、ラムランプ(塩)、ラムレバ網脂包み(塩)、ラムショルダー2本(塩、たれ)

 

それぞれ、食感も風味も違っていて、食べていて楽しい。

 

 

4品目。

 

iPhoneImage.png

(ジャガイモとセロリの炒め物)。

 

ホッとします(笑)。

 

シンプルなのに、とっても美味しい。

 

 

5品目。

 

iPhoneImage.png

(ラム肉入り焼き餃子)。

 

お肉がゴロゴロしています。

 

もっちりした皮も好み。

 

 

6品目。

 

iPhoneImage.png

(ラムスペアリブ ハーフサイズ)。

 

これ!

 

すっごく美味しい!!

 

スパイスが良い♪

 

 

7品目。

 

iPhoneImage.png

(ランチセットの付け合わせ…パクチーは麺に)。

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

(ラム肉の油淋鶏とラムヌードルハーフサイズ)。

 

8品目。

 

iPhoneImage.png

(ラム肉乗せご飯)。

 

こちらにも、麺は付いています。

 

本当に美味しかった!!

 

他のメニューも、是非食べてみたいです。

 

 

食べ友とは、ここでお別れ。

 

美術館に向かう途中、

 

iPhoneImage.png

(うさぎや)さん。

 

に立ち寄り、

 

iPhoneImage.png

 

どら焼きを購入。

 

iPhoneImage.png

 

出来立てで、まだ温かい。

 

餡子も柔らかくて、食べてると、押し出されて手が汚れてしまった(笑)。

 

皮も餡子も美味しい。

 

 

もう一つ。

 

iPhoneImage.png

 

風月堂さんで、「ゴーフレーシュ」を購入。

 

左のピンクの包装紙のゴーフレーシュは「桜ルビー」。

 

桜葉を練りこんだ生地で、ルビーチョコレート他をサンドしています。

 

右の水色の包装紙のゴーフレーシュは「シュガーバター」。

 

シュガーバタークリームをサンドしています。

 

どちらも冷やしてありますが、生地のもっちり感が特徴です。

 

好みは、シュガーバターで、シャリシャリとしたお砂糖の食感が楽しめます。

 

 

完全に、食べ過ぎですね…。

 

 

                         オオツカ。

 

 

 

「上野…後編」。 | 00:01 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20190328

 

お出掛け先は「上野」でした。

 

 

とってもきれいな青空です。

 

iPhoneImage.png

 

正面口にある枝垂れ桜は、ほぼ満開。

 

被写体としては文句のない状態なので、多くのカメラマン(観光客)を集めていました(笑)。

 

 

ソメイヨシノは、

 

iPhoneImage.png

 

五部咲きといったところでしょうか?

 

 

 

咲きっぷりは、もう少し…ですが、ブルーシートの数は、相当な数でした(笑)。

 

iPhoneImage.png

 

 

 

目的の「上野の森美術館」です。

 

iPhoneImage.png

(VOCA展 2019    現代美術の展望 新しい平面の作家たち)。

 

VOCA(ヴォーカ)展は絵画や写真など平面美術の領域で高い将来性のある40才以下の作家を奨励する展覧会で、今年で26回目の開催を迎えます。

 

「VOCA展 2019」には、全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究員なぢkあら推薦された作家33名(組)が出品します。

 

今回のVOCAは、これまでにも増して多様な技法・メディアの表現が集まり、絵画以外の作品…写真技法を用いいたもの、映像、半立体的作品など…の優勢が目立ちます。

 

また、受賞作をはじめ多くの作品が、社会批評や日常観察の視点を含んでいることも特筆すべきでしょう。

 

気鋭の作家たちが「平面」という枠組みの中で、何をテーマに新しい表現を切り開いているのか、その意欲作をご覧ください。

 

 

 

隣接している「上野の森美術館ギャラリー」では、

 

iPhoneImage.png

(mimic paintings)。

 

「内海聖史展 〜 やわらかな絵画 〜」

 

も、開催中でした。

 

 

今年も、非常に面白かったです。

 

現代美術作品を語るほど知識はないのですが、惹かれる作品の前に立つと、身震いします(笑)。

 

 

                         オオツカ。

 

 

 

「上野…前編」。 | 23:30 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20190224

 

最終回です(笑)。

 

 

「草陰舎」さんから教えてもらった、和菓子屋さんに向かいました。

 

iPhoneImage.png

(まほろ堂 蒼月)さん。

 

小さなカウンターと、2セットテーブルがあるので、イートインが出来ます!

 

 

気になるお菓子がいくつもあったので、その場で食べる用と、お持ち帰り用に分けてみました(笑)。

 

 

マエテ チョイス。

 

iPhoneImage.png

(コーヒーと、うぐいす餅)。

 

iPhoneImage.png

(お抹茶と、梅…)。

 

すいません(汗)。

 

梅の道明寺のようなお菓子です。

 

 

うぐいす餅は、香りが良く、餅がとても柔らかい。

 

そして、餡子が美味しい!

 

梅…、は、もっちりしていて、梅の香りと甘さがとても春らしさを感じます。

 

あまり梅の和菓子を食べた事がないので、かなり新鮮でした。

 

以前、出雲に行った時、お抹茶を美味しくいただいてとても気に入っていましたが、なかなか口にする機会もなく、久し振りの一服でした。

 

コーヒーも、美味しっかたですよ!

 

 

お持ち帰りしたのは、

 

iPhoneImage.png

(いちご大福と、青豆大福)。

 

 

iPhoneImage.png

 

中はこんな感じ。

 

餡子が違いますね。

 

いちご大福も美味しいんですが、青豆大福!

 

絶品ですよ(笑)。

 

香りが素晴らしい。

 

もっと買ってくればよかった…。

 

 

イートインしていると、お菓子を買いに来た方が、

 

「先日買った、お持たせの最中が美味しいと褒められて、自分用に買いに来ました」

 

それを聞いていたマエテが、

 

追加で購入したのは、言うまでもありませんよね!

 

でも、これがまた、ちょっと甘めの餡と、香ばしく焼かれた最中の皮が、本当に美味しくて…。

 

全てお菓子が小振りなのも、後を引いてしまいます。

 

 

 

とても楽しい「ブラブラ」でした。

 

焼き菓子のリベンジ、松陰神社にも行ってみたいので、またの機会に。

 

 

                         オオツカ。

 

 

「松陰神社から豪徳寺までの、ぶらぶら その4」。 | 20:53 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20190223


美味しい情報を携え、一路、次の目的地を目指します。

「徒歩で行けるよ」

と教えてもらったので、ぶらぶら向かいます。

途中…、



看板の無い、パン屋を発見!!


窓越しに見てても、とっても美味しそうなパンだったので、



4種類、購入(笑)。

この日の夕飯にいただきましたが、見た目通り、美味しい!!

営業時間は、14:00から20:00。

水木定休日なので、また行けそうです(笑)。

レジをしてもらった時、店名を聞いたところ、

「わたほろ製パン店」さんと教えて貰いました。

 


お腹がいっぱいで諦めましたが「中華まん」が、きっと美味しいだろうなぁと思える中華屋さんも発見出来たり、知らない街歩きは、本当に楽しいですね〜♪

 


目的地が見えてきました!


(豪徳寺)です。

テレビで紹介されていたのを覚えていて、いつか行ってみたいと思っていました。



参道の並木も美しく、入口の白梅もちょうど満開。


正門をくぐりと、

お手入れが、素晴らしいですね。

 




香炉も立派です。


左手には、立派な、



三重の塔があります、

真横から見ると、



よく見て下さい。



「猫」がいます(笑)。

 


お寺さんなので、御墓参りもさせてもらいました。

豪徳寺には、井伊直弼さんのお墓があります。


井伊家所縁のお寺さんなので、歴代のお墓が並んでいました。

手を合わせ、売店に向かいます。

通常は「招き猫」を買うところ、



お寺で採れた「湘南ゴールド」を購入(笑)。

かなり小粒で、

「絶対、酸っぱい」

だろうと思いながら、後ほど食べたら、レモン並みに酸っぱかったです(笑)。

 

それを、

 

毎朝、スムージーに入れて飲んでいますが、とても清々しい酸味となって、とっても美味しいですよ!

 

200円は安い!!



「招き猫」ですが、

 

ズラリ!!


 

お顔も可愛いんです(笑)。


 

横から見ると、かなりふっくらしてました(笑)。


 

こんな所にも…。
 

 

絵馬も、

 

猫が描かれていました。


                         オオツカ。

 

「松陰神社から豪徳寺までの、ぶらぶら その3」。 | 20:23 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20190222


今回の1番の目的は、

(福田紀子展 「地球での旅」)。



期間が短いので、チャンスがあれば、是非!


福田さんの作品も、素晴らしかった!!


文章にしようと試みましたが、薄っぺらい文しか書けないので、載せるのやめます(笑)。

 

 

こちらが、今回の会場です。



(草陰舎)さん。

陶芸工房にアトリエがあって、とても素敵な場所でした。

居心地が良すぎて、長居してしまったぐらい(笑)。


地元の食べ物の情報も教えていただき、本当に楽しい時間でした。


                         オオツカ。
 

 

「松陰神社から豪徳寺までの、ぶらぶら その2」。 | 21:46 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20190221


2日目。

いつも通り、習い事を終えてから出発です。

向かったのは「松陰神社駅」。

「世田谷線」です。

以前、下北沢に住んでいた事があって、自転車でぶらぶらしていると「世田谷線」を見る事はありました。

 

実は乗るのはこれが初めて(笑)。

それなりに関東生活も長くなっていますが、まだまだ未開拓な場所が多い事に気付きます。

 


小田急線「豪徳寺駅」で乗り換え、目の前の世田谷線「山下駅」から4つ目が「松陰神社駅」です。

まず向かったのは、「Boulangerie Sudo(ブーランジェリー スドウ)」さん。

ホームから見える、駅真向かいの好立地。

が…(泣)。

お休み!!

通り過ぎるカップルが、

「スドウさん「も」、休みか〜」。

と、気になるお言葉!!

まさか…と、次の目的のお店に向かうと…、


まさかの、シャッター(泣)。



この週、お休みだったんですね…。

駅方面に戻りながら「ニコラス精養堂」さんにお立ち寄り。

 

明治創業の老舗パン屋さんです。

 

ちょっとだけパンを買いました。

 

それから、マエテのチェックしていた、


(松波ラーメン)さん。

で、ランチ。

行列必須の所、それほど並ばずに入店。

(オオツカ…ワンタン麺 & かやくご飯)。

 

 



(マエテ…支那そば)。

 

お醤油がしっかりとしたラーメンだったので、マエテ には少し塩辛かったみたい。

 

 

僕は美味しくいただきました〜♪


                         

                         オオツカ。
 

 

「松陰神社から豪徳寺までの、ぶらぶら その1」。 | 22:49 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20181110

 

今回の茅ヶ崎訪問の理由は、茅ヶ崎市美術館で開催されていた「小原古邨展」が目的でした。

 

9月9日から、11月4日まで開催されていた展示でしたが、ギリギリ観れた…、という感じでした。

 

NHK の番組「日曜美術館」でも紹介されて、一気に来館者が増えたそうです。

 

後で知ったのですが、僕らの訪問した 10月30日(火) は、土日より来館者が多かったそうです。

 

入館まで、40分ほど並びました。

 

iPhoneImage.png

(茅ヶ崎市美術館)。

 

iPhoneImage.png

 

開館20周年を迎えた茅ヶ崎市美術館では「版の美」と称して年間の展覧会を通じて版画の魅力をお伝えしています。

 

シリーズ2回目となる本展は、日本化薬株式会社を率いて財界に圧倒的な存在感を示した実業家・原安三郎旧蔵の小原古邨作品の展覧会です。

 

葛飾北斎や歌川広重などの熱心なコレクターと知られる原が小原古邨の作品を収集していたことはほとんど知られておらず、展覧会として紹介されるのは今回が初めてです。

 

また、茅ヶ崎市美術館が位置する高砂緑地は、かつて原が所有していた瀟洒な南欧風の別荘「松籟荘」の跡地でもあります。

 

小原古邨こと小原又雄は1877年、金沢に生まれました。

 

花鳥画を得意とする日本画家・鈴木華邨に師事。

 

古邨の名前で絵画共進会に日本画を出品し、たびたび褒状を得ました。

 

明治末期には版元・大黒屋から花鳥画を刊行、海外への輸出を念頭に置いた版下絵の制作で高い人気を獲得しました。

 

昭和期に入ると渡邊版画展から祥邨の名で、また酒井好古堂と川口商会の合版では豊邨の名前で制作を続け、特に海外で好評を博しました。

 

著名なアメリカ人コレクターであるロバート・O・ムラーのコレクションや、 2001年にアムステルダム国立美術館で開催された大規模な回顧展の中心になったジャン・ペレのコレクションがよく知られています。

 

展覧会に先立つ調査では、原安三郎のコレクションは質量ともにそれらのコレクションに匹敵、あるいは凌駕していることが判明しました。

 

今回の展覧会は国内初の原安三郎のコレクションによる小原古邨展であるとともに、古邨の展覧会としても国内初の規模といっても過言ではありません。

 

日本的な花鳥風月の情緒に西洋画風の写実性を伴った、古邨作品の魅力を余すとこなく鑑賞することが出来るでしょう。

 

 

 

今回、写真撮影が OK だったので、いくつかご紹介いたします。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

これが全て「版画」であるというのに驚きました。

 

線の細さは 0.1mm ほど。

 

立体感を出すため、白い部分であっても、4版ほど重ねたり。

 

版木に押し付け、活版印刷の様に、紙に凹凸をつけた上で版木による刷りを施したりしています。

 

 

本当に素晴らしい作品ばかりでした。

 

 

                         オオツカ。

 

 

 

「茅ヶ崎…2」。 | 23:36 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20181108

 

今もパラパラ雨が降っていますが、先日の定休日は、かなり強い雨降りでした!

 

習い事に出掛けて、その後は自宅でのんびりと。

 

ランチは、パスタにワイン。

 

録画していた「007 スペクター」を鑑賞。

 

お菓子袋を開けては食べ…。

 

そんな1日でした(笑)。

 

 

遡ること1週間。

 

「茅ヶ崎」に行っていました。

 

目的は「茅ヶ崎美術館」。

 

その前に、ランチをご紹介します!

 

駅の北口から徒歩1分。

 

小道に行列が見えれば、その先に

 

iPhoneImage.png

(横浜飯店)さん。

 

があるはず(笑)。

 

その行列に並んで待つ事、20分ほど。

 

この日はお天気も最高!だったので、日差しが辛かったです。

 

 

街の中華屋さんなんですが、実はメニューも少なめ…。

 

客のほとんどが、同じメニューをオーダーするので、それほど品揃えは無くて良いのだと思います。

 

 

そのメニューは、

 

iPhoneImage.png

(肉そば)。

 

しょうゆ味の餡かけ麺です。

 

これが、びっくりするほど美味しいんです。

 

熱々なので、しっかりフーフーしないと、火傷してしまいます。

 

また、細麺も、スープが絡んで…。

 

 

そして、

 

iPhoneImage.png

(チャーハン 中華スープ付き)。

 

細かくカットされたメンマがたくさん!

 

こんなチャーハン、食べたことがありません(笑)。

 

「パラパラ」というより「はらはら」という感じ。

 

ちょっと、しっとりしています。

 

でも、べたついた感じでは無くて…。

 

胡椒が効いていて、ペロリと食べられてしまいました。

 

 

更に、

 

iPhoneImage.png

(餃子)。

 

自家製です。

 

少ししっかりした皮はパリパリで、香ばしい!

 

それでいて、もっちりしています。

 

ニンニクが効いた、中華屋さんの餃子餡で、食欲が高まります。

 

 

全て、マエテ とシェアしていただきました。

 

美味しかったなぁ。

 

 

                         オオツカ。

 

 

「茅ヶ崎…1」。 | 23:59 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20181103

 

場所を移動して、「自由が丘」へ。

 

目指すは、パン屋さん(笑)。

 

名古屋に本店があって、ここ自由が丘は2店舗目です。

 

 

iPhoneImage.png

(baguette rabbit)さん。

 

 

僕の伝説のお店「Boulangerie Benoiton (ブノワトン)」さんで修行していた方のお店です。

 

店名も、ブノワトンの高橋さんが由来するものらしい。

 

縁あって、名古屋の「ブール」をお客様O様からいただいたことがあって、その美味しさに驚きました。

 

ちょうどその頃、「高加水パン」作りにハマっていた頃で、食べた瞬間に高加水パン独特の甘さとしっとり感に感動したのでした(笑)。

 

水分がとても多い生地なので、形成はせず、折り重ねて鍛え上げるので、本当に難しいパンなんです。

 

 

先日、食べ友Oさんに、自由が丘店のブールを買ってきてもらって、名古屋の味とちょっと違いを感じました。

 

お水の違いでしょうか?

 

日本酒同様、その場所によって同じ小麦を使っても同じ様には焼き上がらないのかもしれません。

 

自由が丘のブールは、さっぱりとした味わいで、もっちりしっとりとしています。

 

 

今回は、

 

iPhoneImage.png

 

こちらをチョイス。

 

皮は香ばしくサクサク、中はもっちり。

 

どれも美味しい!!

 

 

次回は、バケットを試してみます。

 

仕込みの違いで、4種類?もありましたよ!

 

 

 

                         オオツカ。

 

 

「baguette rabbit」。 | 21:15 | comments(0) | ブラブラと・・・。
20181101

 

ランチをいただいて、その目の前に、こじんまりとした和菓子屋さんがありました。

 

僕の目には素通りしてしまうその和菓子屋さんは、マエテの目には、ちょっと違って見えた様です。

 

「ちょっと、寄って良い?」

 

お店の中に入って、

 

iPhoneImage.png

(柿大福?)。

 

iPhoneImage.png

(豆大福)。

 

こちらの2点を購入しました。

 

後で話を聞いてみると、茗荷谷の名店「一幸庵」さんの店主の甥っ子さんが営まれているそうで、とても気持ちの良い接客をしてもらったと、喜んでいました。

 

「柿大福?」の中には「柿餡」が入っていましたが、「柿」自体、優しい風味なので、それほど「柿」を感じる風ではありませんでしたが、道明寺の様なとってもモチモチしていました。

 

「豆大福」は、餅が伸びる様に柔らかく、そしてモチモチしていて、豆の食感も良かったです。

 

とっても美味しかったです!!

 

 

                         オオツカ。

 

 

 

「一幸庵 かしこ」。 | 23:47 | comments(0) | ブラブラと・・・。
1/23 >>
skin / uterus